生成りのれんの良さ

生成り生地ののれんは、素朴な風合いが魅力です。
生成り生地の特徴は、ベースの部分は着色しておらず、生地本来の色であることです。

ややクリーム色のような感じは、素材そのものの味わい深さを残しているので、自然さを感じます。
普段多く利用されているのれんの白い部分は基本的に漂白されているので
きれいではありますが、どこか人工的な雰囲気になります。

素朴な風合いであれば味わい深さを感じられて、見ている人も良い気分にありますし
なんとなく高級感も増します。

暖色の活用

生成りであれば個体差もあって細かく見れば均一ではない、生地本来の粗さも残りますが、それが趣深さにつながります。

のれんに求めるデザインは人それぞれですが、もしこうした特徴を好むのであれば生成りで注文すると良いです。
素材が綿であれば、麻とは違ってしわになりにくいですし、アイロンをかけて手入れをするのも簡単なので、メンテナンスも楽になります。

また、織り方は生地が丈夫になるように仕上げられているので耐久性もあります。
こうした特徴から、伝統的なイメージのお店には良く似合います。

例えば、お蕎麦屋さんや料亭などであれば、そのイメージにぴったりです。

素材の良さを活かした使い方

生成り生地は天然素材の良さをそのまま残しているので、暖かさも感じられます。
したがって、秋から冬にかけてのシーズンに用いるのれんとしても適しています。

実際にこれを用いたから温度が上がるということはありませんが、人間はイメージで
気分が変わるので、のれんが暖かさを感じられるデザインであれば
寒い時期でも気分を暖かくすることができるのでおすすめです。

生成りのれんの良さ

のれんはさほど作るのにお金がかかる物でもないので、時期に合わせて使い分けるのも良いでしょう。

ネット型の通販をやっている専門店であれば、天然素材を使用している製品も
それなりに安い値段で購入することができます。

もちろん、安いからといって質が悪いわけではなく、合理的に通販で営業することで
無駄がないことから安いわけなので、まったく失敗することもありません。

もし天然素材ののれんを活用するのであれば、さらにデザインもそれにマッチした物を考えていく必要があります。

せっかく素材が良かったとしても、それを台無しにするイメージであれば意味がありません。
素材とデザインは合体して一つののれんに仕上がるわけなので、
オリジナルで作る場合は総合してバランスよく考えていきたいところです。

 

ホーム 名入れ  自分に合う配色ののれん 隙間風 日光 専門業者
 サービス 暖簾のデザイン オリジナル暖簾 おしゃれ 藍色のれん 女の子向け 生成り生地ののれん 本仕立て sitemap